2017/07/15

ハイキュー!! 第262話 いつだって前のめり

折れない!
龍は折れない!絶対にだ!!!

木兎が共鳴する痛み、キツさ、プレッシャー。
木兎と田中が背負っているものは違う。
堕ちた強豪、飛べない烏の呼び名を真っ向から受け止め、悔しさを秘めて牙を研ぐ過去の先輩を
血を吐く思いで着実に為すべきことをなしてこの場にいる今の先輩を見ている。
その先輩と同じコートに立っていることの重さを誰よりも知っている。

まだ何もできていない。
自分が勝ちたいというのは当然。
しかしそれ以上にこのチームで先輩たちと勝ち進むんだという強い思いが今の自分に問う。
何が できた

何ができた という言葉は次を見据えたものだと信じたい。
何もできていない、何が足りないのかと貪欲に探し求めてきっと龍は掴んでくれる。
もしくはそんな思いや全ての重圧を跳ねのけてその時その時のベストプレイを。

稲荷崎のブロックの精度はどんどん上がってきている。
出遅れた状態からその上をいかねばならない。
漢・龍之介、この崖っぷちを打破できるか。


それにしても今の3年ズは本当にいいトリオだ。
もし心意気が違うメンバーが混じっていても辞めて結局この3人が残っていそうだけれど。
苦難の時代を発破かけあって乗り越えてきたんだなあというのをひしひしと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

ハイキュー!! 第261話 飛び道具

うーんくすぶってるなぁ。
くすぶってるなぁ、田中センパイ。
きっちりと爆発してくれることを信じてます。
比較的穴として狙われてるよ!負けるな!

影山のファインプレーの〆は旭さん!
強打でブロックアウト、相手もそこから攻めてくるとはと油断していたかもしれない。
エースみてえ!と無邪気にGJを送るノヤさんに素直にアザースする旭さん大物だよ…。
ところどころで月島の心の声がダダ漏れているのはご愛嬌ということで。

いつも説明ありがとう大将くん。
美華ちゃんと一緒に勉強させていただいています。
どんなスポーツでもそうなんだろうけれど、本当に一瞬の判断が必要になってくる。
動体視力、大切。ボールを見失うわ。
矢巾もいいリアクションしてるし、なんだかんだ言って嫌味なくバレー馬鹿の集まりみたいな烏野は愛されてるね。


ノヤさんのファインプレーはしかし田中のプライドを刺激する。
とってもダセエ、カッコよくありたいは男子高校生にとって大きな原動力だろう。
シンプル。
そして苛立ちの矛先がきちんと自分に向けられることが些細なことだけれどちゃんとしている。
腐らない、これ大事。

烏野を知っていればいるほど、どう対処するのかが興味深かったこの1本、主将がきっちりと仕事をこなす。
さっすが大地さん!
眼を見張るようなキレや派手さはなくても地味組と言われたその確実な力をここで遺憾なく発揮。


なんか最後のコマで角名が不穏な顔してるけれど、田中のターン来るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/04

ハイキュー!! 第260話 必死

嶋田マート師匠………!
山口のピンチを瞬時に理解して全力汗だくで走ってくれるとは。
声が山口に届いて本当によかった!
ピンチに陥っていることにまず気付けるか、そしてなにがまずいのかが他の人に判るかっていうとたしかに無理だわ。
そしてなんでもよかったんだろうけど店のビニール袋よく持ってたな!

その甲斐あって山口は無事にいつものルーチンを取り戻し、まずは流れを引き寄せることに成功。
うっかり涙が滲んだわ。
後輩の山口が堂々と果たした大役に同じような立ち位置の木下もしっかりと感化され。
後輩が自分より先にいることに対して卑屈になるでもなくきちんと俺もやってやると言わんばかりに奮い立てるような素直さ、この年頃には貴重だ。


諦めてる余裕がない、とは言い得て妙だ。
さすが戸美のキャプテンですな大将!
ボールがまだ落ちていなければ走らない理由は何もない。
田中も、影山も。

こういう、素人目には「えっといいんだっけこれ?」っていうプレーを迷いなくできるのがすごいよな。
その一瞬の選択肢としてネットの向こう側に走りこむのが浮かぶかというとなかなか難しいものがあると思うのだけれど。
影山のことだから考えるより先に身体が動いている可能性もあるけれど、それだって脊髄反射のように「可」と判断しているってことだろう。
…これが日向だったら仮にルール的にNGな動きでもやっちゃってそうと感じるのはご愛嬌ということで。

観客までもがダメだと思ったボールを繋いだ。
誰がラスト決めるのか?
大地さんは走り込んでは来てるみたいだけど、コート内の月島の位置どりからするとその向こう、ヒゲのサムライか?




影山くんがネットのあちら側に走り込んだシーンを改めて読み返した時、ふとアニメ1期だか「あった作画ミスを思い出してちょっと笑ってしまった…。
すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハイキュー!! 第259話 押せ押せドンドン