2016/05/23

ハイキュー!! 第206話 報告

勝ち組がおる! ハイキューで珍しい!!
そして美華ちゃんかわいい!


使えるものは何でも使うという真摯は、事実として諸刃である。
天秤がひとたび傾くと卑怯の域に堕ちるのだということはよくわかっているのだ。
コート内とコート周辺の双方に全力でいて初めて納得のいく戦術となり実をむすぶ。

コート内のことが分かるのはどうしても少数になることすらも承知の上で、戸美のスタイルとして継承していく茨の道。
たとえ少数でも、理解し認めてくれる人がいるということを強みとして自らが選んだ道を行くのだ。

ヘビ、かっこいいではないですか。
その強さと軋む心情を理解してはいても、ちゃんと改めてみせてくれる。
きちんと、かっこいいところに落としてくるなぁもう。
戸美戦が終わりましたが、その終わり際にまだまだ掘り下げ来そうな潜とか何なの?
番外編かはたまた来年か?


東京都予選は順当、出てきた佐久早。
はっきり言って怖いんですけど。
ウシワカは純粋なチカラの塊という感じだけど、佐久早はモンスターっぽい。

あかーし今日もキレッキレだね!
このブレなさが多分木兎さんのメンタルをがっちり支えてる。
赤葦が追い詰められて崩れたら、木兎さんや他のメンバーがどう動くかあたり、決勝で楽しみにしてます…。


デデデデンと、宮城にその一報は届く。
見ようとしたらネットやテレビでも確認できただろうに、日向は絶対見ないようにして研磨からの連絡を待っていたはず。


宮城からの応援団、どの位になるんだろう。
烏養元監督は行かなきゃダメだし
商店街組だよなぁ、応援ツアーでまとめてどうぞ!
冴子姐さんは来てくれるとして、それぞれの家族はとか考えると楽しすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/16

ハイキュー!! 第205話 ボールの"道"

ゴミ捨て場の決戦、ついに。
つい、に……?
不勉強で申し訳ないのだけれど、全国の舞台に上がってからどれだけの確率で戦えるのだろう。
もう一回のないゲームができる最低条件が揃っただけとも言える。
とてつもなく誇らしい最低条件が。

チームワークは一方通行では成り立たず。
自分が描いたチームプレーの青写真がチームメイトが描いたそれと重なって初めて成り立つわけであるが、そんな途方もない道筋が重なる可能性を単純に計算すると到底ありえないものになる。

無数の策の中から選び取る傾向とパターンを似せていく作業であり、
相手がそれを選び取るという確信によって策の精度を上げていく鍛錬である。

試合が決まった最後のボールを大将は追った。
このラストボールをもう何回見ただろう。
次の試合に続くボールであったり、次の世代に続くボールであったり、ただ後悔しか生まないボールであったりする。
そのコートに立っている者には例外なく唯一のボールだ。

よい試合だった、素晴らしい試合だったと皆が言う。
誰よりもそれを言いたいのは今まさにコート上にいた選手たちだろう。
勝って、よい試合だったと自分に言いたい。
負けても言えるかもしれないが、悔しさが混じるのを決して望んではいないから。

リエーフと芝山の、互いに差し出した手の頼もしさよ…!
監督の長い目の元で、飛ぶように3年間を過ごす若い芽が確実に育っていく。



一番くじで縁下監督が大暴れだとぅ?
さらにUSJってか。
エキシビションとはいえ行きたい…数少ない友人とギブアンドテイクを敢行しようそうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/09

ハイキュー!! 第204話 バカでも解ったバレーボール

あくまで選手を信じているかのような猫又監督が頼もしい。
それと同じくらいに頼もしい幼馴染コンビのコンビネーションだ。
どちらも粘りが強みではあるが、手札の多さで音駒が勝るか。
ジリジリと、蛇を追い詰めて来たように見える。

芝山は徐々に自分を見つけていく過程にいる。
出来ること、そしてやるべきこと。
夜久ではない、同じようにはできない。
でも出来ることは確かにあるのに気付いた。

比較して、リエーフはまだスタンドプレーだ。
バレーはチームでやるスポーツだというのは知っていたけれど、理解もしていたのかもしれないけど、実感してはいかなったのだろう。
芝山の「居る」がリエーフに向いていたのに対し、リエーフの「俺が居る」というセリフは明らかに自分に向いている。
黒尾が毎回唱えている、俺たちは血液だというあの言葉は彼に届いていなかったわけだ。

どこかが詰まっていても、一部だけの勢いが強すぎても滑らかな循環は望めない。
先輩のフォローによってかろうじて保たれていた自分の持ち場を、やっと自発的に回すための一歩だ。
この一試合で何枚の皮がむけるのかリエーフよ。


カラー扉、烏野1年組かわいいありがとう!
こういう日常って何気に貴重だから!

そしてハイステ、再演千秋楽お疲れ様でした。
そして新作決定おめでとうございます!
また行きますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハイキュー!! 第203話 風をつくる