2015/08/31

ハイキュー!! 第171話 どいつもこいつも負けずぎらい


東北の王者と立ち向かう若烏の戦いはもはや反射だけでは成り立たない。
経験と知識と勘を総動員した動きの先読みを、身体に刷り込んだ反射的な動きで実現するようなプレーで漸くと言ってもいいだろう。

それぞれが一から道を辿っていたら、人1人の人生では進化などほぼ奇跡任せになってしまう。
先人が築いたものの上に立ち、その過程をある意味ショートカットすることで進化する。
それこそが恐らく強豪というもの。


烏野は、いままさに礎の大きな一段を積み重ねているところだ。
1つ2つ前の試合でのとっておきや新兵器が、当たり前のように武器になっていく様はまさに進撃と言って相違ない。
そして何よりも、咄嗟に生み出されたものでさえも次のターンからはあるものとして組み込んでいく雑食さ、遡っては僅かなヒントを取りこぼさず繋げていく柔軟さよ。

他のチームに無いとは決して言わないし、王者たるものこそ常に王者たる貪欲さで様々なものを飲み込んでいくのだろう。
それでもやはり目に入るものすべてを栄養素にしてやるという勢いは豊穣な土地がないからこそ際立つのだと思う。


日向の動きを当然のごとく攻撃パターンに組み込んでストレートキレキレヤロウを捕まえたり、
皆が呆れるほど消費スタミナの大きい日向がまだここに来ると疑わなかったり、
月島が他校の優れたセッターと練習したということに試合中にも関わらずそわっとしたり、
影山さん相変わらずブレないわー。
ブレないといえば冒頭のツッコミスガさんもブレないわーw

そして静かな闘志のツッキー。
山口、よくあのエール送ったよね…。
一瞬何故?と違和感がある程タイプ違うけど、そういえば日向と月島は同じポジでした。


アニキュー2期とかアニフェスの情報がぼちぼち出てきた…。
アニメは確実に観られるけど、アニフェス行きたし!
昨年はミラクル起きたけど最近のくじ運を鑑みると当たる気がしない!
や、何千人と当選者があるやつはいけるはずだと信じる。

動いてしゃべる赤葦が何気にすごく楽しみです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/24

ハイキュー!! 第170話 アイデンティティ


驚くほどの跳躍力と敏捷性とトスへの信頼でもって小柄な身体から繰り出される変人速攻は烏野の大切な武器である。
加えて根性・度胸の合わせ技で観客を魅了するスーパーフォロー、そしてつい先ほどやってのけた助走込みの捨て身とも言えるブロックも日向を眩しく彩る一部である。

しかしながら、それら全てを踏まえてこそ発揮される彼の本領があるのだ。
一つ一つのプレーがド派手なので、つい何度やられても「あー!」ってなる…。
いやそれが正解なんだよこっちも見事につられてるよ。
日向は、烏野の最強の囮である。

最初、囮なんてカッコ悪いと思った。
でも囮になるには先ず目をひかなきゃ始まらない。
敵コートの中、会場全体の空気、果ては味方までを全て集めて引っ掴むほどの引力をもって駆け巡ってこそ、彼の引力をただ一箇所切り裂いて放たれるトスが力を発揮する。
ものすごいことだ。

助走ブロックはただ前に勢い余るなと祈るのみ。うん、そりゃタッチネットしやすいよね。
横にすっ飛んでいく分には普段から当たられ慣れてる影山に加えて田中さんの頼り甲斐ったらない。
旭さんでも心配は皆無だし………ツッキー避けないで!!

応援席の烏野連合に参加したい。
センターカラー、古舘先生主人公を容赦なく情けなく描かれていてそんなところも好きw
だって武器に青虫が這うレベルですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/10

ハイキュー!! 第168話 義翼


今の烏野のレベルは、烏養元監督が頷く位には高い。
奇跡に見えるプレーが当然になる程度には高いに関わらず一線を画してくる王者との違いは何なのか。
それが土壌の違いであるならば、最近までコーチすらもいなかった烏野はまさにコンクリート育ち。

コンクリートを割ってなお伸びる草木の生命力と肥沃な大地で育った苗木の戦いと、勝つための必要条件はその種類自体が違うことだろうな。


日向の折れなさは、デキスギ君を前にしても烏野全体の心が折れない大きな一つの要因であるのだけれど。
これがダメならあれで勝つということ、もしくはこれ自体を別の方法で実現することを考えること。
どちらかというと日向は後者でいつも人を驚かす。
この柔軟さと強かさは彼のディスアドバンテージを常に越えてくる。


日向が取った高さへの対抗策は、自分が誇りとしてきた「跳べる」を最大限に発揮して高さに真っ向勝負を挑むものだった。

よいジャンプはよい助走から。
縁下さん………!貴方が日向に思い出させた言葉がこんなところでも効いてます!
ただでさえ運動量の多い日向が更に走るという恐ろしい事態だけどもさ。
こうして色々なものを組み合わせ、日向の背中には少しずつ翼が構成されていく。


月島が仲間に発破かけるのはいつ見ても良いものだな。
それにしても身長差…ツッキー伸びた?

17巻の描き下ろしにNEXTの番外編。
古舘先生の体力気力も恐ろしい…。
ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハイキュー!! 第168話 NOTミラクル